レーザー治療炭酸ガス(CO2)レーザー

レーザー治療

肌質にお悩みの方へ

炭酸ガス(CO2)レーザー

治療効果

  • ほくろ
  • 皮膚腫瘍
  • イボ取り

炭酸ガスレーザーは水に吸収されやすいことから生体組織を扱う外科手術でもレーザーメスなどで用いられ、ほくろ、皮膚腫瘍、伊保など皮膚上の突起物の除去に利用されています。 炭酸ガスレーザーは除去対象を蒸散(気化して飛ばす)します。熱を拡散せずに照射ができるので、色素沈着などの痕を最小限に抑えることができます。

治療のメカニズム

炭酸ガスレーザーは、水分への吸収率が高く、組織表面にレーザーの熱エネルギーが吸収されるため、少ない凝固層で、止血しながら切開が可能です。
電気メスと比べても正常な皮膚組織への熱影響が限局的なため術後の浮腫・疼痛が軽減されます。

同じお悩みをもつ方におすすめ

お問い合わせ先
お問い合わせフォーム、お電話よりお問い合わせいただけます。

お問い合わせフォームはこちらよりご連絡ください。

お問い合わせ

お電話は診療時間内にお電話ください。

小田原レディスクリニック
0465-35-1103